―――私が言いたいのは…「物事を分別してはいけない。区別してはいけない。」―――(『黄金のノート』「序文」より)

『黄金のノート』初版は1962年。著者40代の作品である。
ドリス・レッシングは1980年代にノーベル賞候補になったが、以後、候補からはずれていたかのように見えていた時期が長い。欧米では2007年の受賞は遅すぎるとのコメントも出ている。本人も「亡くなった人にはあげられないから、生きている私になったんでしょう。」と笑っている。最高齢での受賞というおまけもついている。
だが、代表作『黄金のノート』は今日読んでも遅すぎはしない。作品には、執筆当時の社会背景が描かれ、その多くはすでに大きな変貌をとげてしまっている。そこから逆に、レッシングの視点は、その時代だけに通用する一時的なものに動かされてはいないということがわかる。執筆から50年後の今だからこそ彼女の眼力がいっそう鮮明になる。


※さらに関心のある方は,こちらをクリックしてください。
(読む楽しみを残しておきたい方はクリックしないでください。編集者の私見です。)

―――そもそも本というものはその構成、形式、意図が理解されなかったときにのみ生命を持つ。―――(『黄金のノート』「序文」より)